成人矯正

成人・大人の矯正

大人の矯正の場合、矯正装置は子供とは同じではありません。
矯正と聞くと子供が行うイメージがありますが、データでは約8割が成人が行っています。
子供=矯正 ではないのですね。

矯正治療を希望する成人はこの10年で急激に増えています。
年齢に関係なく、矯正治療を受ければ必ずより良くなります。


隙間のある歯、出っ歯、受け口、上下の前歯が重ならない、歯のでこぼこ、かみ合わせの悪さによる顎の痛み、顎の音がするなどは成人でも矯正治療で治すことができます。

矯正装置を付けても日常生活に邪魔になるようなことは無く、日常生活に支障はまったくありません。
食事はもちろん、歌うことも、スポーツをすることもできます。

矯正中で不便なことといえばキャラメルを食べることやチューインガムを噛むことが制限されることくらいです。
成人の多くは矯正治療を受けたいとは思っていますが、笑うと見える金属は嫌だとおもっています。

現代の矯正は科学技術、材料の進歩により目立たない装置もしくは見えない歯の裏側の装置を付けることができます。


edit