セパレーション

ホワイトニングと審美歯科用語集
歯科矯正では奥歯にバンドを装着することが多くあります。

このバンドを装着するためには,歯と歯の間に僅かなすき間が無くてはバンドがきちんと装着できません.そこで,歯と歯の間にすき間を作ることをセパレーションと呼びます.

バンドを装着する歯の前後に0.2mm~0.5mmのすき間をつくります。
セパレーションには,直径3mm~5mm程のゴムを用いたり,ワイヤーによるスプリングを用いたりします。

セパレーションでは僅かですが、歯を動かすことになります。
個人差はありますが、多少の痛みを伴うことがあります。

セパレーションによる痛みは,2日~1週間で落ち着く場合が多いようです

edit