抜歯矯正法

ホワイトニングと審美歯科用語集

歯科矯正の治療法には「抜歯矯正法」と「非抜歯矯正法」があります。
すなわち、歯科矯正の治療を行う場合に、歯を抜くか、歯を抜かないかとの問題です。

歯科矯正を行う場合、歯がキレイに収まる為のスペースを確保する必要があります。

このスペースを確保するためには、歯列を拡大するとの方法と、歯を抜くとの方法があり、歯列を拡大する方法が非抜歯矯正法です。

状態によっては、歯列を拡大することではスペースを確保することが無理な場合もあります。
例えば、
☆ 歯が特に大きい
☆ 歯弓列が狭い
などの場合です。

この場合は抜歯をすることになります。これが、抜歯矯正法です。
普通、抜歯される歯としては、上下の第一小臼歯が選ばれます。

抜かないので済めば、これにこしたことはありませんが、後の後戻りの心配などを考えれば無理に非抜歯にとばかりも言えません。

edit