舌側矯正(ぜっそくきょうせい)

ホワイトニングと審美歯科用語集

舌側矯正(ぜっそくきょうせい)とは、歯科矯正装置を歯の裏側につける方法です。
すなわち歯列矯正治療を行う場合には、,ブラケット、バンド、アーチワイヤー等の歯科矯正用の装置を歯に装着しなければなりません。

これらの歯科矯正用の装置を、一般の歯科矯正治療では、歯の表側(頬側、唇側)につけるのに対して、舌側矯正では、歯の裏側(舌側)に装着します。


舌側矯正では歯科矯正装置を人目に触れさせることなく、治療を行うことができます。


歯科矯正装置が目立たないとの特徴の他にも、舌側矯正にはメリットがあります。
メリットとしては・・・・
☆ 唇側の肌に対するストレスが少ない
☆ 転んだ場合などに、歯科矯正装置で外傷を負う危険が少ない
☆ 楽器の演奏が可能になる

一方、舌側矯正には、デメリットとしては・・・
★ 違和感がある、
★ 発音がしにくい場合がある
★ プラークコントロールが難しくなる
★ 費用が多少高くなる


これれのデメリットの中で最も注意を要するのが、「プラークコントロール」です。
歯の裏側に歯科矯正用の装置を装着するものであるため、装置と歯と間の歯の磨き残しが多くなり虫歯になりやすいのです。


edit