インプラント矯正

ホワイトニングと審美歯科用語集

インプラント矯正は、人工の歯根(フィクスチャーと呼ばれます)を顎に埋め込み、この人工の歯根の上に新しい歯冠を装着する治療法をいいます。

インプラント矯正以外の治療法では、もともとある歯根の上に歯冠を取り付けることで、治療をします。

このため、例えば虫歯等で歯根を失ってしまうと、その歯の上に歯冠を装着するとの治療法を用いることがありません。
このため、歯根を失ってしまった部分の両側の歯につながった被せ物(ブリッジと呼ばれます)を取り付けるしか治療の方法はありませんでした。

これに対して、インプラント矯正では、歯根を失った部分の両側の歯にブリッジをかぶせることなく、治療ができるとのメリットがあります。


インプラントは、乳歯・永久歯に続く「第三の歯」といわれ、歯根を失ってしまった歯の代わりを十分にはたすものであるといわれています。

edit