不正咬合の治療について

不正咬合の治療

抜歯などによって1本以上の歯を失ったときには、残った歯の移動を防ぐためにブレースなどの歯列矯正装置が歯に装着されます。
歯並びが正常に矯正されブレースが歯から取り外された後も、歯の位置が後戻りしないように、2〜3年間は夜間だけリテーナーと呼ばれる保定装置を装着します。

不正咬合の矯正方法は、数多くあります。

歯を正常なかみ合わせに直すために、ブレースなどの矯正装置を歯に装着して歯に弱い力を持続的に加えます。
ブレースとは、歯面に歯科用接着剤で取りつけたブラケット(留め金)にワイヤとスプリングを通して歯に連結した歯列矯正器です。

あるいはリテーナーが使用されます。
これはワイヤとプラスチック製プレートを組み合わせた取り外し可能なブレースで、口蓋にパチッとはめます。
軽度な不正咬合の矯正には、口の外からはほとんど見えない矯正装置が使用されます。

矯正装置で十分な効果が得られない場合は、あごの手術が必要になります。

その他にも、矯正のために必要な歯を選んで削ったり、クラウンなどの修復物を使って高さを調節する方法があります。

edit