不正咬合の原因

不正咬合の原因は?

不正咬合の原因の多くは、あごと歯、あるいは上下のあごの大きさのアンバランスです。

その結果、歯が互いに押し合う状態になり、かみ合わせが異常になります。

もう1つの原因として、1本以上の歯が失われると、失われた歯のあとのスペースに周りの歯が移動してくることがよくあり、そのために歯並びが悪くなります。
また矯正に失敗して不正咬合になってしまう可能性もあります

その他の不正咬合の原因には、顎骨骨折、4歳以降にも続く指しゃぶり、口やあごの腫瘍、クラウン、充てん物、入れ歯の支台装置、歯列矯正用のブレースの装着不良などがあります。

また遺伝性の原因によっても起こります。

edit