インプラントと従来の治療の違い

インプラント治療と従来法

歯を1本失った場合、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。
これがブリッジと呼ばれる歯科での従来の治療法です。

奥に歯がない場合、金属製のバネで入れ歯を支えます。
噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています。
ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。

歯医者で削られた歯は痛みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。
歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。
また、残っている歯根が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯は次第に合わなくなり、歯科で何度も作り直す必要が出てきます。


インプラント特徴.gif

インプラントは、従来の入歯のように留め金があったり、ブリッチのように健康な歯を歯科で削る必要がなく、口の中がすっきりします。又、インプラント自身しっかりと固定されていますから、固い物でも楽々食べれる様になるのです。

edit