歯のホワイトニングのすすめ

歯の表面はエナメル質という「半透明色」の硬い組織で覆われています。

エナメル質の中には「黄褐色」の象牙質という組織があり、さらにその中には歯髄があります。

歯の色は、すなわちエナメル質と象牙質の色で決定されるのです


髪の毛の色や皮膚の色、そして目の色などが遺伝によって異なるように歯の色も人それぞれです。

黄褐色の象牙質は、加齢と共に厚みが増し、逆にエナメル質はどんどん薄くなっていくため、年をとるとともに歯は黄ばんで見えるようになってしまうのです。

いくら歯の表面の汚れを落としても自分の歯は黄色いという方は、遺伝か年齢の黄ばみだと考えてよいでしょう。

ホワイトニングが非常に有効です。

edit