薬剤などの影響で深部からの変色

歯の変色の原因が薬剤や外傷や病気による場合は深部から変色している事が多いです。

有名な薬剤にテトラサイクリンがあげられます。
テトラサイクリンは抗生物質なのですが昭和40年代によく処方されていました。

幼いときやお母様が妊娠中にこの薬剤を大量に服用すると歯が茶色や黒く変色したり横縞が目立つ変色になる場合があります。

このテトラサイクリンの変色は中程度以上ではホワイトニングの適応外と言われています。
ホワイトニング笑顔.jpg


外傷などで歯の神経を取った歯の変色も内部からの変色のため通常の歯のホワイトニングでは効果が出しにくいことが多いと言われています

edit