歯ホワイトニング 歯の変色(2)

ホワイトニング

エナメル質・象牙質の変化による内因性が原因の歯の変色の場合は歯のホワイトニングや人工の歯などで白くしていきます。

歯の形成過程で影響を受けた場合、歯列全体に渡ってエナメル質・象牙質の質・量が変化し、内部構造に色素が沈着されて変色を起こします。
オフィスホワイトニング.gif

最も多いのは、母親が妊娠中にテトラサイクリンという抗生物質を服用していた場合に発生する変色で、その他にはエナメル質形成不全症、フッ素沈着症などによる変色があります。

重度の時は、ホワイトニングだけで改善することは困難です。

軽度の場合は、ホワイトニングだけで改善できます。

歳をとるにつれ、象牙質の厚みが増し、黄褐色が強くなり、徐々に歯の色調は濃くなります。

ホワイトニングは、加齢による変色に効果的です。

髪の毛や皮膚の色が遺伝するように、歯の色も遺伝します。

遺伝による黄ばみにもホワイトニングは最適です。

edit